シリーズ アクオス(AQUOS)

SHARP製ブルーレイレコーダー AQUOSはケーブルテレビが録画できる

SHARP製ブルーレイレコーダー AQUOSは、外部AV入力端子を搭載している機種の場合はケーブルテレビを録画することができます。
一般社団法人 日本ケーブルラボで、AQUOSブルーレイは認定審査を受けています。
この認定審査というのは、技術的要件を満足していることをチェックして、機器の相互接続性を仕様に基づいて担保するものです。SHARP製ブルーレイレコーダー AQUOSは、録画をスカパー!HD対応チューナーから行ったタイトルを、ハイビジョン画質の状態でBD-R/ BD-REディスクにダビングしたタイトルを再生するために対応した仕様になっています。

ブルーレイディスクソフトの新しく発売されたものの拡張機能に対応しています。
「スカパー!プレミアムサービスLink」というのは、接続を家庭内LAN内にされた機器間でスカパー!プレミアムサービスの番組をデジタルで録画することができるものです。
「スカパー!プレミアムサービスLink」に対応しているAQUOSブルーレイレコーダーと、スカパー!プレミアムサービスに対応しているチューナーを、ネットワークで接続すると、ハイビジョン画質の状態でハイビジョン番組をAQUOSブルーレイレコーダーに録画することができます。

SeeQVault?とはどのようなものか

SeeQVaultとはどのようなものなのでしょうか?
SeeQVaultというのは、再生互換をいろいろな対応機器間において行うための著作権を保護する新しい技術です。
特徴としては、記録メディアのSDメモリーカードやHDDなどを使用し、ハイビジョンの画質の状態でデジタルの番組を録画して、再生がSeeQVault?に対応している他の機器で可能なことなどです。
SeeQVault?に対応している別売の外付けHDDであれば、接続を別のAQUOSのSeeQVault?に対応しているブルーレイにした場合でも、そのまま使うことができます。
そのため、レコーダーを買い増したり、買い換えたりする場合でも安心です。

なお、直接録画がSeeQVault?フォーマットにすればできませんが、録画したものをムーブすることができます。
対象としては、SHARP製のSeeQVault?に対応している機器同士だけになります。
インターネットのLANによる接続環境が、SeeQVault?に対応している別売の外付けHDDを使うためには必要になります。

また、情報をインターネットに接続して更新することが、最大で18ヶ月ごとに必要になります。
インターネットに接続しないで情報を更新するまでは使うことができますが、情報を更新するためにインターネットに常時接続して使うのがおすすめです。3