シリーズ アクオス(AQUOS)

他の機器を組み合わせることで増すAQUOSの魅力

AQUOS(ブルーレイレコーダー)と「ファミリンク」に対応したAQUOS(テレビ)などの製品を繋ぐことで、いろいろと便利な機能が使えます。

テレビを見ている時、その番組をブルーレイレコーダーで録画するために「電源を入れて、画面を切り替えて……」という手順を踏むのは、意外と面倒なものです。
ファミリンクが機能している状態なら、リモコンのボタン一つで録画が可能です。
録画した場組を再生したり、番組表や録画リストを見るのも同じくワンタッチで、「見たい・録りたい」と感じた時に、スムーズにそれを実行できます。
これは一部屋の中でのことですが、ホームネットワークに接続することで、別の部屋にあるDLNA対応テレビからAQUOSの録画番組を見ることもできるようになります。

かつては、こうしたネットワークを構築するためにはケーブルが必須でしたが、今は無線LANを使えば、別の階や距離が離れた部屋の間でも簡単に接続できます。
また、テレビが置ける部屋は限られますが、AQUOSならスマホやタブレットでも録画番組や放送中の番組が見られますから、場所も姿勢も思いのまま。一人で静かに楽しむことも、大勢で賑やかに見ることも自由自在です。

こうした他の機器との連携は、AQUOSの大きな魅力です。

外出先でお気に入り番組が見られるAQUOSの便利機能

Result_887029_14110499_517110_8379775

SHARPのブルーレイレコーダー「AQUOS」には優れた機能がいくつも搭載されています。
その一つとして、利用者をAQUOSの前から解放し、好きな部屋でテレビ番組を見られる機能がありますが、実は家から遠く離れた外出先でもAQUOSの中の番組を見ることもできるのです。

これには二つの方法があり、一つ目の「外からリモート視聴」では、スマホやタブレットなど、なんらかのネットワークに接続された端末が必要になります。
これさえあれば後は簡単で、AndroidとiOS、それぞれの視聴アプリをインストールするだけでAQUOSで録画した番組を見られます。
また、この方法では録画番組を見るだけでなく、現在放送中の番組をそのまま見る「放送中視聴」も可能です。

一方、もう一つの「録画番組持ち出し」では、事前に端末の中に録画した番組を入れる必要があるため、すこし手間がかかってしまいますが、その代わり「ネットワークが不安定、あるいはまったく使えない場所でも快適に視聴できる」という大きなメリットがあります。

二つの機能を外出先によって使い分けると、とても便利に使えるでしょう。
さらに、AQUOSは外出先から番組を予約する「リモート予約」機能も備えています。
これらの機能を使いこなせば、いつどこにいてもAQUOSが手元にあるかのように扱えます。