シリーズ BDZ

bnr_sony BDZ

「ソニーのブルーレイレコーダーが欲しいけどどれを買えばいいかわからない!」
SONYのBDレコーダーBDZのご購入でお悩みの方はいませんか?
最近家電量販店の店頭で並んでいるのはBDZ-EW520・BDZ-EW1200・BDZ-ET1200・BDZ-ET2200の4つだと思います。
今回のコラムはこの四機種を徹底比較したいとおもいます。
なぜこのラインナップかというとその内の一台を自分が持っているからです(笑)。
自分が買ったものはおススメしやすいですからね。

まずは共通の機能から。
・無線LAN「Wi-fi機能内蔵」
・視聴機能「どこでも視聴・お出かけ転送・みんなの視聴数」
・録画機能「外から録画・おまかせまる録・予約ランキング」
・機器連携「お引越し機能・ソニールームリンク」
この中で注目は「どこでも視聴機能」でしょうか。
家じゅうだけでなく外からでもネットにつながっている状態ならば今放送中のテレビ番組や録画した番組がスマホやタブレットで視聴できます(専用アプリが必要です)。
ちなみに自分はこの機能が使いたくてソニー製にしました。

新しく導入された「お引越し機能」ハードディスク内の録画した番組を全部移してくれる機能ですが、古い機種には対応していませんので要注意です。
これからこの機能が使える機種が増えていけばかなり便利になると思います。

さてここから肝心の4つの機種の違いに移ります。
外観も機能もほとんど変わらないのでスペックの違いが重要になります。

2014BDZ 比較

これをみれば一目瞭然なんですがチューナーの数とハードディスク(HDD)の容量の違いですね。
やはりチューナー数が多くてHDDの容量が大きい機種がお値段も高めとなっています。
あとBDZ-ET2200とBDZ-ET1200の2機種は高画音質にこだわる方向けの4Kモードやテレビ音声位置補正機能がついてます。

① 同時録画は何チャンネル必要か?(チューナー数)
② どのくらいの画質でどのくらいの数の番組を録画するか?(HDDの容量)
③ 音質や画質にどれくらいこだわりがあるか?

これが3大ポイントになります。
自分にあった機種を選択しましょう。

参考ページ