シリーズ アクオス(AQUOS)

AQUOSの価格や容量はどのようなものがあるのか

SHARP製ブルーレイレコーダー AQUOSの価格は、製品のグレードによって異なっています。安いものは3万円台から購入することが可能で、高いものは6万円以上必要となります。特に値段を決める上で必要となっているのは、内蔵ハードディスクの容量とチューナーの数になっています。これが多くなればなるほど、価格面では高い数字となります。

内蔵ハードディスクの容量が大きいと録画保存できる番組の数が増えます。特に画質の高いモードで録画する人は一番重要視すべきポイントです。3TBぐらいあれば大量の動画を保存することができるだけでなく、高画質で録画しても安心して録画をすることができます。これくらい大きなものになっていると、動画を消したりして対応する心配は殆どありません。

チューナー数は一度に録画・視聴できる数です。まだ番組持ち出し時の書き込み性能にも影響します。シングルチューナー、ダブルチューナータイプも存在しますが、最近のAQUOSはトリプルチューナーを採用しているものが多くなっています。3番組を同時に録画することができる機能を持っているので、どうしても見たい番組が被ってしまったときに、複数の番組を簡単に録画できるメリットを持っています。ダブルの方が値段は安いですが、今はBS・CSなどの普及でチャンネル数が増えているのでトリプルチューナーのほうが利便性が高いです。

最新機種のAQUOSブルーレイ BD-T3800 なら容量が3TBのトリプルチューナーですので、高画質の番組をたくさん録画したい方におすすめです。価格は7万円台ぐらいですので5万円台のBD-T1800に外付けハードディスクを追加するのも良いかもしれません。

AQUOSの便利な操作と起動する時間はどれくらいか

SHARP製ブルーレイレコーダー AQUOSは、操作性もしっかり向上させており、リモコンの操作についてもかなり向上させています。ボタンを押しやすいような配置にしているだけでなく、使いやすいボタンを押しやすいように配置していることで、操作性をさらに向上させています。そのため従来までのタイプに比べると、操作については格段によくなりました。
さらに起動時間も格段に早くなり、テレビの電源が入っている状態で、ボタンを入力するとすぐに起動するようになっています。これによって、従来までの問題であった起動が遅すぎるような状態を減らすことができて、すぐに録画や番組票の確認をすることができます。ゆっくり待たないと利用することができないとされていたことが、より簡単に利用できるように変化したことは大きなポイントです。
今まで利用していたユーザーインターフェイスについても大きく変更されて、より使いやすいように変わりました。大きな文字で表示させることにより、わかりやすいように工夫しています。またイラストを採用したことにより、文字が見えづらくて困っている方にとっても、使いやすいものとなりました。こうして操作性を向上させたことで、使いやすさが格段にアップしています。