ディーガ 持ち出し

シリーズ ディーガ(DIGA)

ディーガ(DIGA)には、家の外からでもLTEなどのネットワーク経由で録画番組を視聴できる機能があります。
この方法は非常に手軽で便利ですが、いくつかの理由からこれを好まない人もいるでしょう。
その一つはネットワークの不安定さです。
屋外での通信は状況によってとても遅くなったり、途切れたりすることがありますが、一定の速度での安定した通信を必要とする動画再生の場合には、これがネックとなります。
また、海外旅行などでネットワーク環境の整っていない土地に行くこともあるでしょう。

そんな時便利なのが、ディーガ(DIGA)の番組持ち出し機能です。
これは、画質を落とす代わりにサイズも大きく減らした「持ち出し番組」を作成し、それをSDカードに書き出したり、スマホやタブレットに無線LANで転送したりする機能です。
(※スマホやタブレットにはDLNAクライアントをインストールしておく必要があります)
あらかじめ番組持ち出しをすることがわかっているなら、予約時に作成指示をしておくこともできます。
内部的にはダビング扱いになってしまうため、ダビングの残り回数が減ってしまうというデメリットはあるものの、この方法なら、ネットワークの状況によって再生が不安定になることはありませんし、通信量の心配もいりません。
安定した再生を望む場合には、このメリットの方が大きく感じられることでしょう。

パナソニック製品の買い取り実績はこちらから