外付けHDD

最近は外付けハードディスクも3TB(テラバイト)で1万円くらいの価格のものがでてきました。
これだけ外付けHDDが安くなってくると2TBのBDレコーダーを使うのと、1TBのBDレコーダーに1TBの外付けHDDを接続するのはどう違うのだろうと考えたことはありませんか?
今回はそんな疑問を解決していこうと思います。

結論から言うと、前述の2パターンはいろいろな機能の使い勝手が変わります。
外付けHDDに録画する場合、最高画質で録画されるため低画質にして長時間録画するという選択肢がとれません。
またテレビ番組をBDやDVDへダビングをしたり、スマホなどに持ち出そうとする場合は内蔵HDDにムーブ(移動)しないとできないことがあります。
他にはデジカメなどの周辺機器からデータを取り込もうとしても一度内蔵HDDに入れないといけません。
基本的には内蔵HDDを一度経由しないとできないことが多いです。

最新の機種では使い勝手が良くなっている場合もありますが、何かしらの機能の制限があることがあります。
なるべく容量の多いブルーレイディスクレコーダーを購入しておいて、それでも容量が足りなくなった場合に外付けHDDを使用したほうがよさそうですね。